商品詳細プチ断食を行ってはいけない人って?

今、注目を浴びているプチ断食。プチというかわいい表現から考えもなく行ってしまう人もいるかもしれませんが、体を壊さないためにもある程度の知識をもって取り組みたいものです。

さて、あなたは断食とは、どのようなものかご存知でしょうか?多くの人は絶食することだと思っていると思います。確かにそれは根幹をなす部分ではありますが、実際にはいろいろ注意すべき点があるのです。

『でも、本格的なものじゃないから大丈夫なんでしょ?』なんて安易に考えている方もいるでしょう。しかしプチ断食であってもやはり、そこは断食です。注意しなければならないことがありますので、ぜひ理解しておくようにして下さいね。


ここでは、プチ断食は避けた方が良い人に焦点をあててご紹介しましょう。


《生理通・生理不順・更年期障害》
上記症状で悩んでいる方は、ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。『これくらいは大丈夫?♪』なんて安易に思わないで、プチ断食は行わないようにしましょうね。


《薬を服用している人》
今現在、疾患を抱えている方や薬を飲んでいる方は、基本的には断食することは出来ません。ただ病気によっては、断食自体が効果的な場合もありますから、一度専門施設に相談してみると良いでしょう。


《痩せすぎの方》
女性であれば、35kg以下で体脂肪が17%以下、男性なら40kg以下で体脂肪が14%以下の方は、断食について医師への診断が必要です。体の調子を調整するという意味では断食をする意味はありますが、その前に基本的な体力をつけることが先でしょう。


《下痢》
今現在、もしくはいつも下痢気味の方は、消化機能が衰えている可能性があります。断食ではなく、まずは病院への受診をお勧めします。


《子供》
青少年や幼児などのように育ち盛りの子供たちは、断食を行う理由がありません。また健康面から考えてもプチ断食を行うべきではありません。


《過食症・拒食症》
今は大丈夫であっても過去に上記のような症状が合った方が断食をすると、食事量のコントロールが出来ない場合があります。独断では行わず、断食前には専門施設の指導が必要になります。


《慢性疲労》
常に疲労感がある方や、病気が治ったばかりの方は体力面に心配があります。まずは体力を回復させましょう。断食は体力が落ち着いてからの方が良いでしょう。


このように、プチ断食を行ってはいけない方がいます。上記に当てはまらない方でも、プチ断食を行う場合には注意点やコツなどがあります。また最初は、どうしても空腹感を我慢できない場合もあります。そんな時には、1?2個程度の黒飴を舐めたり、ゆっくりと噛むように断食ジュースを飲むことを心がけましょう。まだ、断食後は胃にダメージを与えないことも必要です。いきなり普段通りの食事にせず、おかゆなど胃に優しい食べ物をゆっくりと噛んで食べることが必要です。そのほかの注意点などは、必要に応じて説明を加えて行きますね。

プチ断食 方法  TOP